CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
RECOMMEND
読む脳ぐると!: (隙間社Singles)
読む脳ぐると!: (隙間社Singles) (JUGEMレビュー »)
弍杏
弍杏せんせーによるラノベチックな短編集。ボーナストラック収録。
RECOMMEND
世界その他
世界その他 (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひによる初の歌集。64の歌を収録。
RECOMMEND
aneimo
aneimo (JUGEMレビュー »)

eb(野村日魚子)と伊藤なむあひによる架空の姉/妹をテーマにした歌集。
RECOMMEND
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書)
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
わなびな女の子と小説の神様が繰り広げる読書感想文的読書体験小説!
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
『神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅』感想まとめ
0
    こんばんは、弊社です。

    昨日発売の『かみうた』、ありがたいことに早速感想をいただいたのでこのような形でまとめさせていただきました。皆様、本当にありがとうございます!

    最終更新日2016年10月24日

    まずはツイートのまとめを。







    くりまるさま、いつも弊社の作品をお読みいただきありがとうございます!そして感想まで…リアルタイムでのツイートを読むと、あっいまここなんだとドキドキしますね…くりまる様の心にかれらが少しでも残ったのなら、こんなに嬉しいことはありません。



    小説の大きな流れは、小説に関わる人全員が入っていると弊社は信じています。そして、小説を好きだったんだという気持ちを思い出していただいたというのは何よりの感想です!ゆきな様、ありがとうございました!




    牛野さんありがとうございます!滅んだのは神様の方かもしれない、というのは実に興味深い意見です。にあんせんせーは今後もきっと『神様』的なものを書き続けると思うので是非ご注目下さいね。



    まさか森見先生のあとに読んでいただけるとは…!箱男、名作ですので是非。電脳コイルさん、ありがとうございました!


    にあんせんせーの作品でまさかの涙!?いったい何が起こっているのでしょうか…詳細は本編で。雫さま、あたたかい感想をありがとうございました!







    松本さま、連投でのあつい感想ありがとうございます!むしろわたしが励まされたわ*\(^o^)/*とにあんせんせーも大喜びしております!誰かのエールになったのであれば、この小説を世に出した甲斐がありました!






    ふふふ…理由は読めばわかりますよ…(ファイルを再アップロードしながら)ともあれ、松本さまもそうでしたがこれを読んでここで書かれた小説を読みたくなった、という感想ほど嬉しいものはありません。佐藤さま、ありがとうございます。物書きは全員読め!です。



    おおっと、フ◯ヤの悪口はそこまでですよ!といいつつ、この小説はまさににあんせんせーの「好き」が詰まった作品ですね!王木様、感想ありがとうございます!

    続いてはブログ記事での紹介です。

    HONKURE 本を読めば日が暮れる、本を書けば日が昇る
    ライトな文体を軽妙に使い分けつつ、ひねりのある構造を入れてくるあたり、存外に技巧派の印象を受けた。(ブログより引用)
    だなんて弍杏せんせーが喜んでしまいますね。鋭い分析をしながらも、楽しく読んでいただけたようでなによりです。倉下様、ありがとうございました!

    ペンと拳で闘う男の世迷言

    月狂四郎さまの、なんというか…非常にありがたい感想ですね。あと、これを読んでここに掲載された作品を読みたくなったというのも本当に嬉しいです。一発屋で終わらず二発、三発、四発とどんどん作品を発表できるよう弍杏せんせー共々頑張ります!

    淡波ログ
    この本を読むと、本を読みたくなること請け合いですし、あなたが作家なら、「もっともっと面白い作品を書かなきゃ!」って、うんうん唸ってしまうこと請け合いです。(ブログより引用)
    まさにそうなってくれたらいいなあということをずばり書いて下さっています。淡波さま、ありがとうございます!

    感想でも触れていただいたように、本を愛する、小説を愛する全ての方に読んでいただきたい小説だと思っています。気になった方は是非チェックしてみて下さいね!

    『かみうた』Amazonページ

    ランディングページはこちら

    *当ブログで感想ツイート、記事等を取り扱わせていただいた方の中で、自分のものを削除して欲しいという方がいましたらメール、ツイッターDM等でお知らせ下さい。


    代表 伊藤潤一郎
    | 感想まとめ | 18:00 | comments(4) | - |
    生まれ育った町
    0
      おはようございます、弊社です。

      ここのところ特に宣伝記事しか書いていなかったと思い、今日はちょっと別のお話でもしようかと。まあタイトルにも書いてある通りなんですが、あまりオフィシャルめいた話ではないので少し文章も崩させてもらいますね。

      いまなむあひさんがなんだかいかがわしいアンソロジーに寄せる原稿を書いているのですが、それが明らかにに故郷を舞台にした話で、なんとも懐かしい気持ちになりました。

      ずいぶん前に別の記事でも書いた通り、私となむあひさんは同じ町で生まれ育ちました。その昔は人口も今より多く市を名乗っていたのですが、多くの田舎がそうであるように少しづつ人口が減りやがて町になりました。

      横長の町を串刺しにするように国道が通っていて、函館まで続くその道を真っ直ぐいくと隣町との境に山がありそこにある公園に大きなタコの滑り台があります。タコは山の一番上にあり、いつも町を見下ろしていました。

      その国道を逆にいくと、町で一番大きな十字路があります。ローカルチェーンのスーパーと潰れては新しい店ができてを繰り返すラーメン屋(何故かいつもラーメン屋)とゲオとセイコーマートでできた十字路です。ゲオは昔、似たような別の何かだった気がしますが覚えていません。

      国道をさらに行くと、小さなCD屋があり私もなむあひさんもよく通いました。何故が小学生が集う文具屋があり、もう少し行くとコンテナで作られたカラオケボックスがあります。

      もっと行くと町唯一の中学高校があり、林に囲まれたラブホテルがあり(小さな頃ここの前を親と通るたびになにか気まずい思いをしました)、左右から建物が消え、牛がよく見える山を少し登ると私となむあひさんが通った高校があります。

      十字路に戻り、そこから駅の方にずっと向かうと寂れた商店街があり、毎週のように通った古本屋があり、漫画ばかりで埋め尽くされた喫茶店があり、駅のすぐ前にはゴミだめかと見まごうリサイクルショップがあります。

      ここまで読んで気付いた方もいるかもしれませんが、この町は何度もなむあひさんの小説の中に出てきます。

      山の上のタコの滑り台は『鏡子ちゃんに、美しい世界』に。
      函館にまで続く国道は『函館へ行くのにうってつけの日』に。
      駅前のリサイクルショップは『アルミ缶の上に』に。
      そして今回、国道沿いのラブホテルの話を上記のアンソロジーに書いているようです。

      まだ途中まで、半分くらいしかできていませんが、あの町に住んでいた頃を思い出します。と、結局作品に絡めてしまいましたがそんな町があったという話です。私はいまだにこの町のことを思い出すと、心をどこに持っていけばいいのか分からなくなります。そんな、かつてあった町の話です。

      なんだかしんみりしてしまいましたが、良い土曜をお過ごし下さい。それでは今朝は(なんだか新鮮ですね)この辺で。



      代表 伊藤潤一郎
      | その他 | 07:30 | comments(0) | - |
      第24回文学フリマ東京!
      0
        夜分遅くにすみません、弊社です。

        かなりギリギリに、というかもう明日でなく今日のことになってしまいそうですが5月7日(日)文学フリマ東京に参戦します!

        詳細は以下の通り。

        【A-13】デスポリンキー食堂
        『aneimo』架空の姉/妹アンソロジー eb(野村日魚子)さんと伊藤なむあひの共著の短歌+小説本



        『地獄に落ちる為の26のメソッド!』
        鬼才・にあんせんせーによるハイブリッドポエムという名のポスト現代詩(?)が詰まった詩集。



        【A-14】白昼社
        『文藝誌オートカクテル 耽美』
        耽美をテーマにしたアンソロジー。多くの著者がそれぞれの耽美と向き合って書いた作品を収録。

        【F-47】Cahiers
        『薮』定型詩・破調のアンソロジー 短歌、川柳、俳句、エッセイ、評論、小説、などなど


        以上が新刊として発売される本で、もちろん既刊もあります。

        明日はどうぞ流通センター駅へ!

        では今夜もこの辺で。



        代表 伊藤潤一郎
        | その他 | 23:45 | comments(0) | - |
        『読む脳ぐると!』無料キャンペーン結果報告
        0
          GWに彷徨える子羊の皆様こんばんは、GWに彷徨える弊社です。

          おかげさまで『読む脳ぐると!』無料キャンペーンも無事終わりました。告知に協力して下さった皆様、ダウンロードして下さった皆様、ありがとうございました!

          さて、予告していた通り5日間の無料キャンペーンの結果報告をしたいと思います。

          まずはダウンロード数を。
          4月27日…45DL
          4月28日…70DL
          4月29日…27DL
          4月30日…38DL
          5月01日…38DL
          5月02日…12DL
          合計230DL

          なぜ6日間あるかというと、Amazonさんの設定の1日というのが日本時間の17時から翌日の16時59分までになるので日をまたいでしまうんですよ。

          そして、無料キャンペーンの副次作用として一部で囁かれているアレ、何故か増えるkenp(kenpというのは既読ページ数)についてもお伝えしますね。
          あ、まずその前に一応説明しておくと、無料キャンペーン期間は当然対象作品を無料でダウンロードできるのですが、どうしてかKindleUnlimited(以下KU)で読んで下さる方がいるとの情報をちらほらと見かけていたんです。KUで読まれると、そのページ数に応じて印税が入ります(現在は1ページあたり約0.5円)。
          で、今回それも確かめたかったのですが、案の定というか、ありがたいことに今回もKUで読んでいただけました。
          なんと、6日間で703kenpでした!この本でいえば約10冊分でしょうか。ありがたいことです。ランキングに入ることで目に入りやすくなり、無料有料気にしない(実際にKUは月額制なので)人がKUで読んでくれているのでしょうか。このブログを読んでいる方の中にKUで読んでくれた方がいたらそっとその訳を教えて下さいね。

          『読む脳ぐると!』はキャンペーン終了後99円で販売していますので、気になった方はどうぞ手に取ってみて下さい。
          『読む脳ぐると!』Amazonページ


          ちなみに弊社の次の作品は、7月4日の隙間社設立2周年の日を予定しているのでそちらもお楽しみに!

          それでは今夜もこの辺で。



          代表 伊藤潤一郎
          | 隙間社刊行物 | 22:00 | comments(0) | - |
          『読む脳ぐると!』発売しました
          0
            こんばんは、弊社です。

            さてさて、先日お伝えした隙間社Singlesについてですが、早速第一弾が発売されました!思い付いてすぐに出版できるのが電子書籍の良いところのひとつですね。

            弍杏『読む脳ぐると!』


            さて、ここで『脳ぐる』(略称)Amazonさんの紹介文を引用しましょうね。

            『はじめまして。わたしはきのこハンターD。突然ですがあなたは今、自らけっこうすごい勢いで人生を駄目にしようとしています。その曲線ばかりでほとんど直線が無い怠惰な菌類を今すぐベランダから投擲したのちわんみにっつの黙祷を捧げ、このサイトにアックセスして下さい』
            (きのこにまつわるエトセトラより)

            「と、ところてん……! って、うわ」
             学校の授業でうたた寝してハッと目が覚めたときみたい。急に意識が覚醒したのに少し前までの夢の内容を覚えてる。そんなあれ。知らない景色。ていうかわたしの世界ではありえない光景。確信した。
            「これ、『現実』だ」
            (そうだ、『現実』に行こうより)

            口外するなとは言われているのですが、やはりお世話になった部長にはお話しなくてはなりません。実は私の家は地元では、なんというかその、不自然に権力を持った家でして……いえ、つまりその、いわゆる暴力フルな団でして……
            (2億回忌おめでとう!より)

            にあんせんせーによるのんすとっぷハイテンションノベル第三弾!

            食べ物がきのこだけになってしまった世界を描くある意味ディストピアSFの『きのこにまつわるエトセトラ』
            マジックターケノーコを食べ異世界にトリップするある意味異世界転生ものの『そうだ、『現実』に行こう』
            そして鬼才の名を欲しいままにした弍杏先生の初期代表作にして小説の極北!『2億回忌おめでとう!』をボーナストラックとして収録。

            両A面ならぬ全A面の隙間社Singles、ここに発売!

            隙間社電書第八弾
            著者:弍杏
            表紙絵:弍杏


            ちなみに『2億回忌おめでとう!』は若干リライトしています。

            『読む脳ぐると!』は何度もお伝えしている通り隙間社Singlesとして通常99円で販売しますが、4月27日の17時頃から5月1日の16時頃までの5日間無料キャンペーンも行いますのでどしどしダウンロードして下さいね。もちろん「それまで待てない!」というコアなにあんせんせー好きは今すぐにでも!

            『読む脳ぐると!』Amazonページ

            KindleUnlimitedにも対応しています。
            では今夜もこのへんで



            代表 伊藤潤一郎
            | 隙間社刊行物 | 17:30 | comments(0) | - |