CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
RECOMMEND
なむあひさんのエピタフ1 (隙間社電書)
なむあひさんのエピタフ1 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第四弾
小説?日記?現実?幻視?
…それとも、墓碑銘?
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
<< 『文中の( )にあてはまる文字を入れなさい』感想まとめ | main |
短歌の電子書籍について
0
    2月も今日で終わりなんですって、早すぎませんか…?

    というわけでこんばんは、弊社です。

    ようやく年末を越えられたと思ったらもう2月も終わり…気合いばかりでなかなか新しいものをお届けできていませんね。

    とはいえ、今年に入って小説はけっこう書けていたりします。ブックショートアワードに1月と2月も応募しており、とある同人創作サークルさまに一作寄稿し、4月発売予定の電子書籍用の一作を少し前に書き終えました。

    月に2作ペース。昨年から仕込んでいたものもあるとはいえ、これまでにはなかったハイペースで書けています。まあこれらはすべてなむあひさんの作で、にあんせんせーは裏ノベルジャムなんていう企画に乗っかってまたひとつ書き散らしてましたが。

    さて、隙間社としての次の大きな活動は4月発売予定の共著の歌集です。いまはそれに向けて短歌を詠んだり、収録する短編小説を書いたりしています。

    で、ふと気になってtwitterでアンケートをとってみした。



    まさか2日間でこんなに票が集まると思っていなくてかなり驚いたのですが、結果をまとめると以下の感じ。

    ・小説とセットなら興味があるという人は5%とほとんどいない…
    これはある方から指摘がありましたが、詩歌を読む感覚と小説を読む感覚がだいぶ違うからかなと。

    ・興味がないと答えた方は25%でちょうど4分の1でした。
    正直半数くらいかと思っていたので少しホッとしました。

    ・興味があると答えたのは32%と約3分の1の方々。
    これから歌集を出そうと考えている弊社としてはとても勇気付けられる数字ですね。

    ・そして、38%と一番多かったのが好きな作者に限り興味があるという答え。なるほど。これはかなり興味深い結論でした。言われてみれば私もそうです。魅力のある作者であれば表現するする形態に関わらず関心を集める。

    弊社所属の伊藤なむあひさんも弍杏せんせーも、小説の他にそれぞれ短歌と詩を書きます。今後そのあたりも発売していきたかったので嬉しい結果となりました。

    あのアンケートを開始してすぐに普段ほとんど接点のないある方から『詩歌の本は部数が少なく手に入りにくいのでぜひ電子書籍でも販売してほしいです』というリプライがありました。惑星と口笛ブックスさんのような例もありますし、これからもっと詩歌の電子書籍が発売されていくことを弊社は望んでいます。

    電子書籍は紙代という意味では原価が少なく、出版するというだけならほぼ無料で出版できてしまいます(もちろん人件費や表紙代は出版形態によって変わります)。発行部数が少なく、絶版になりやすい詩歌とはとても相性が良いのではないでしょうか。

    個人でももっと電子書籍での出版を始める方が増えて、詩歌専門のレーベルなんて出てくると、もっと楽しくなるのでは!なんていう夢も膨らみます。 そして改めて、投票してくれた皆様、ありがとうございました!

    隙間社は3月に伊藤なむあひ氏のこれまで詠んだ短歌とあらたに書き下ろした作品を収録した単著の歌集『天国崩壊』が、そして4月にはとある気鋭の歌人との共著で架空の姉/妹をテーマにした短歌と小説の本が発売されますのでそちらもぜひチェックして下さいね。

    伊藤なむあひAmazon著者ページ
    弍杏Amazon著者ページ
    では今夜はこのへんで。



    代表 伊藤潤一郎
    | その他 | 19:00 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 19:00 | - | - |