CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
RECOMMEND
読む脳ぐると!: (隙間社Singles)
読む脳ぐると!: (隙間社Singles) (JUGEMレビュー »)
弍杏
弍杏せんせーによるラノベチックな短編集。ボーナストラック収録。
RECOMMEND
世界その他
世界その他 (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひによる初の歌集。64の歌を収録。
RECOMMEND
aneimo
aneimo (JUGEMレビュー »)

eb(野村日魚子)と伊藤なむあひによる架空の姉/妹をテーマにした歌集。
RECOMMEND
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書)
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
わなびな女の子と小説の神様が繰り広げる読書感想文的読書体験小説!
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
無料配布、はじまりました!
0
    こんばんは、弊社です。

    先日お伝えした通り、7月4日発売予定の短編集『星に(なって)願いを』に先行して、同短編集に収録される『ものがたりのにおい』のフルバージョンと他4作品の試し読み版を収録した本が『ものがたりのにおい(+サンプル)』として本日17:00から6月24日16:59まで無料配布されます。

    ちなみにこの本はその5日間のみの限定配布となり、無料期間が終わると発売中止となります。短編集が気になるという方は是非ダウンロードしてみて下さいね。

    また、この本の表紙をまた例のように自分で作ろうかと呟いたところ、東雲飛鶴さんが声を掛けて下さりこのお試し版のためだけにイラストを貸して下さいました。改めて東雲さん、ありがとうございました!

    元のイラストはこちらになります。


    『ものがたりのにおい』は収録作品の中でもちょっと特殊なポジションの小説になりますが、敢えてこの作品を先行リリースしてみました。その理由については後日発売される『星に(なって)願いを』に収録されるとある作品の中で少しだけお話しする予定です。

    『ものがたりのにおい(+サンプル)』


    ではみなさま、お楽しみいただければ幸いです!



    代表 伊藤潤一郎
    | 隙間社刊行物 | 17:00 | comments(0) | - |
    無料配布予告!
    0
      こんばんは、弊社です。

      隙間社設立2周年である7月4日の新作発売に先行して、近日中に『ものがたりのにおい(+サンプル)』の5日間の無料配布を行います。

      内容は
      ・ものがたりのにおい(書き下ろし)
      ・首なし姫は川を下る(サンプル)
      ・星に(なって)願いを(サンプル)
      ・少年Aと少女Bの死体C(サンプル)
      ・五人の誰かさん(サンプル)

      となっています。

      『ものがたりのにおい』を先行シングルのような形で無料配布し、おまけに各収録作の冒頭のサンプルを収録しています。

      『少年Aと少女Bの死体C』は過去のキャンペーンでプレゼントした作品に加筆したものです。

      今日で文章部分は完成したので明日に仮の表紙を作成し、明後日には配布開始できるかと思います。

      サンプル版ということで販売することは考えておらず、無料キャンペーンを利用した5日間限定の配布となります。

      7月4日発売の製品版の方には『ものがたりのにおい(Nikki Remix)』という謎の作品も収録予定なのでそちらもお楽しみに。

      それではみなさま、残りわずかな時間ですが良い週末を!



      代表 伊藤潤一郎
      | 隙間社刊行物 | 16:30 | comments(0) | - |
      文学フリマで買った本(続き)
      0
        こんばんは、弊社です。

        早速ですが前回の続きとなります。今回も本当に簡単な感想で申し訳ないですが。

        マゾヒスティックリリィワークス『ダメ女子的映画読本』
        赤木杏さん、山南さん、いぬいみやこさん(イラスト)による映画読本。その名の通り『ダメ女子』を中心に論じられるこの本は『ダメ女子』への愛に溢れている。ポップな表紙と裏腹のゴリゴリた読み応えのある評論。良い本を読むと小説が書きたくなる、というのは私の持論ですがこの本はまさにそれ。パン神ってなんでしょう…?

        アマチュアで妥協『らくせんvol.2』
        公募の落選作、といっても一次通過から四次通過まで様々な落選作を集めた本。巻頭に作家の吉村萬壱氏が言を寄せている。巻末の解説にもある通り、集まった5作品に通底するのは『書くこと』に対しての過剰なまでの再考。読む側にもそれは要求される。だから、簡単に言って読みにくい。重い。脳が疲れる。そして面白い。

        定型詩・破調のアンソロジー『薮・やぶ・YUV』
        これもタイトル通り、定型詩・破調の短詩を集めたアンソロジー。大きな声じゃ言えないのですが私は詩ごころが皆無なので、好きだったものを。
        たかはしりおこ『詩が生まれる日』
        うにがわえりも『オナモミさんの休日』
        あとは河野さんと春麗さんのエッセイ、雑文が読んでいて楽しかったです。ちなみになむあひさんも『世界の有名人たちの歌』というタイトルで10首寄せています。ふたつ引用を。

        ねえムーミン、こっちを向かず、両手を挙げて、そう、壁に手をついて『Bang!』

        眠たいと二重になるところが好きなのかも(『マタイによる福音書五章』より)

        こんな感じの短歌でかなり浮いてる気がしてならないのですが快く受け入れてくださった編集のとみいえさま、ありがとうございました!

        他にも色々と買った本があるのですが、今回はここまでです。

        それでは皆さま、良い読書を。


        代表 伊藤潤一郎
        | 隙間社的読書感想文 | 19:00 | comments(0) | - |
        文学フリマで買った本(続く)
        0
          こんばんは、弊社です。

          今日はこの前と、さらにその前の文学フリマで買った本の感想を少しだけ。

          にゃんしー『ともだちの国』
          あぁ、これはもう完全に設定マニアの犯行ですね…あとこれは完全に褒め言葉なので誤解しないで欲しいのですが、すんごい尖ったエロゲ(失礼)のような小説です。少しだけ名作かつ怪作の『Cross Channel』を思い出しました。

          初谷むい『春の愛してるスペシャル』
          歌集。もうタイトル通りとにかくエモい。
          テレパシーで元カレ元々カレにキス こどもちゃれんじ四月は豪華
          「閉店後バナナに毛布を掛けること」とのメモがありいいなあバナナ
          とかが好きです。愛がはみ出てる。共に引用です。

          オカワダタキナ『水ギョーザとの交接』
          甥っ子が叔父さんとおせっせするっていうとんでもないパンチラインの小説です。一番良かったのが叔父さんの「宇都宮は宇宙のすみっこだから、平気なんじゃないかな」っていう台詞です。そういう妙な軽さが癖になりますね。

          正井『沈黙のために』
          タイトルと装丁でもうやられますね。そろりとした手つきで書かれたむっつの話。特に好きだったのが『フォスフォレッセンス』で、人が死んだ瞬間にエピタフが口からすべり出てくるというのが美しくて。

          ひとまずここまで。続きます。そのうち。
          | 隙間社的読書感想文 | 19:30 | comments(0) | - |
          『少女幻想譚』感想まとめ
          0
            こんばんは、弊社です。

            『少女幻想譚』のこれまでにいただいた感想をさらに追加しました。
            最終更新は2016年1月11日です。


            秋月千津子さまありがとうございます。毒…というのはよく言われるのですが、書いている側は実はあまり意識していなかったりします。読者メーター登録も非常に嬉しいです。


            遠藤ヒツジさまありがとうございます。好きな作家ばかり並び非常に嬉しくも恐縮してしまいますね…その影響から抜けられるようにしたい気持ちもあります。


            くみた柑さまありがとうございます。二度も癖になる、と言っていただけるなんて光栄です。


            yukinaさまありがとうございます。そんな風に言っていただけると嬉しくて飛び跳ねてしまいます。誤字脱字等につきましては版を重ね修正していきますね。


            ukさまありがとうございます。非常に的確な感想だと思います。ですが隙間社はいつだってそういう本を目指して出版していくつもりです。


            いすみさまありがとうございます。目指して書いた部分を指摘して下さりとても嬉しいです。安部公房の名前には、畏いと思いつつも喜んでしまいます。



            ゆらさまありがとうございます。Macでも問題なく読めたようで安心しました。リリィシュシュのすべて、いつか観てみようと思います。


            佐藤さま、ありがとうございます。安部公房は好きで何度も読んだのですが、実はカフカはほとんど読んでいないので、ちゃんと読んでみたくなりますね。ほのぼのあるいは飄々、嬉しいです。




            山田さまありがとうございます!言葉にならなくても、新刊でたらそっこうぽちる作家さんリストに加えていただいたことが何よりの喜びです。


            藤崎さまありがとうございます!本人も実験小説のための実験小説になることを避け、出来る限りポップにしたかったと言っていたので嬉しい感想だと思います!


            読者をひきこむこと、というのは書いていて自分がひっぱられるものを目指しているなむあひさんにとって大切なことなのでとても嬉しい感想です。アヲイさま、ありがとうございます!

            また、ブログでも感想をいただきましたのでリンクを。

            ペンと剣で闘う男の世迷言
            KDP3大奇書と言われる『狂狂まわる』の作者である月狂四郎さんに奇書と言われると嬉しいですね。

            jintaneのなる木
            こんなに長く論じてもらったのが初めてで、とても嬉しかったです。ライトノベルを紹介するブログで、あえてとりあげられたのも実は凄く嬉しかったです。

            A blog
            トップに出てきて驚きました!そうやってなにかのきっかけになったのであれば幸いです。ありがとうございました。

            satokazz.com
            先ほどのツイートの補足です。言われてみるとほのぼのかも…佐藤さんはえあ草紙という主に青空文庫を凄くかっこよく読みやすくするリーダーを公開してます。

            ぎゃふん工房の作品レビュー
            『物語』というキーワードを軸に、作品についてかなり踏み込んで書いて下さっています。記事の作りも丁寧で読みやすいですね。ぎゃふん工房さま、ありがとうございました!

            水上基地の日記
            背徳的な表現の作品、とは嬉しいです!ワンセットのような猫たちはこの本のエピソードにぴったりですね。水上さま、感想ありがとうございました。

            翻車魚舎
            演劇的、というのは実はなむあひさんの作品に対して何人かの方に言われているのですが書いた当人は意識していなかった部分なので面白いですね。白雪姫前夜なんかの場面転換などはなるほど分かりやすいかもしれません。『少年幻想譚』にも触れて下さっていますね!戸田ありがとうございます!

            赤井五郎の寝言日記
            なんだかよく分からなくても読んでいて楽しい、というのはなむあひさんが目指すひとつの目標なのでとても嬉しい感想です!『鏡子ちゃんに、美しい世界』を読んで物語についての小説を思い出したというのもとても嬉しいです。ぜひいつかその作品を読んでみたいですね。赤井さま、ありがとうございました!

            淡波ログ
            『バーナム博物館』ってあのスティーヴン・ミルハウザーのですよね!?ありがとうございます!実はなむあひさんの敬愛する作家ベスト10に入るであろう作家です。『夜の姉妹団』とかはかなり衝撃的でした。淡波さま、ありがとうございます!

            どのブログでも読み込んで下さっているのが分かりとても嬉しいです。ありがとうございます!

            多くの感想、本当にありがとうございました!

            少女幻想譚Amazonページ

            この記事は感想をいただきしだい随時更新予定です。
            また、自分のTweet等を使用しないで欲しいという方はTwitterでのリプライ/DM、当ブログのコメント欄、もしくは弊社メールアドレスまでご連絡下さい。

            代表 ヌネノ川
            | 感想まとめ | 15:35 | comments(2) | - |