CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PR
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

伊藤なむあひ初の長編小説は、奇妙でセンチメンタルなロードノヴェル!
RECOMMEND
BRuTiFuL
BRuTiFuL (JUGEMレビュー »)
隙間社
オカワダアキナ、佐川恭一、伊藤なむあひ、芥生夢子、大滝瓶太によるノージャンル文芸アンソロジー!
RECOMMEND
もちろん詩人たちは皆燃やされ (隙間社電書)
もちろん詩人たちは皆燃やされ (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
にあんせんせーによるこれまでの詩作の集大成!
RECOMMEND
隙間社全集1 (隙間社電書)
隙間社全集1 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)

隙間社のこれまでの作品を集めた全集の1巻
RECOMMEND
49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯: 隙間社Singles
49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯: 隙間社Singles (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
1年=1パラグラフで描かれるなむあひ氏の新境地ともいえる短編小説
RECOMMEND
星に(なって)願いを (隙間社電書)
星に(なって)願いを (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
ポスト幻想文学を標榜する著者による5つの作品からなる短編集
RECOMMEND
読む脳ぐると!: (隙間社Singles)
読む脳ぐると!: (隙間社Singles) (JUGEMレビュー »)
弍杏
弍杏せんせーによるラノベチックな短編集。ボーナストラック収録。
RECOMMEND
世界その他
世界その他 (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひによる初の歌集。64の歌を収録。
RECOMMEND
aneimo
aneimo (JUGEMレビュー »)

eb(野村日魚子)と伊藤なむあひによる架空の姉/妹をテーマにした歌集。
RECOMMEND
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書)
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
わなびな女の子と小説の神様が繰り広げる読書感想文的読書体験小説!
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
隙間社春の新刊情報
0
    こんばんは、弊社です。

    いやあびっくりしましたね。ひさしぶりにこのブログのアクセス数を見てみたんですよ。そしたら全盛期の1/5くらいになってましたよね。おさぼり良くない。更新頻度が月一を切ってましたからね。

    というわけで、TwitterやFacebookでもちらっと告知したのですが、ここで改めて。

    隙間社春の新刊は、なんと2冊同時リリースです!
    ・オリーリー鳥は実在します?(仮)
    ・伊達町サーガ(仮)
    どちらもタイトルは仮ですが内容は保証しますよ。前者が『東京死体ランド』から始まるドット絵3部作の2作目で、後者は北海道にある伊達町という土地を舞台にしたサーガで、初の連作短編となってあります。どちらも伊藤なむあひさんのタイトルですね。

    今回は無料や半額のセールは行わず、両方とも買ってくれた方になにかプレゼントするというキャンペーンを行う予定です。内容は未定ですが、おそらく書き下ろしの作品になると思います。

    発売日は4月の中旬か下旬を予定しています。予定ばかりで申し訳有りませんが、続報をお待ちくだい!書影等も随時ここで告知していきますね。今回もヤバい表紙でお届けします。告知が楽しみですよ…。

    それでは今夜もこのへんで。


    代表 伊藤潤一郎
    | 隙間社刊行物 | 19:30 | comments(0) | - |
    『東京死体ランド』感想まとめ
    0
      こんばんは、弊社です。

      今日のブログはあれです。伊藤なむあひさんの最新作『東京死体ランド』にこれまでいただいた感想をまとめてみました!(2019年2月18日更新)

      まずは寄れられた感想ツイートを。
































      というわけで、様々な感想をいただいております。本当にありがとうございます!誤字脱字に関してはツイートの他にもDMで何名かの方からご指摘をいただいております…ありがとうございますありがとうございます…。

      次にAmazonレビューを。


      そしてブログで言及してくださった方々も!

      物語の秩序/柚葉通信

      『東京死体ランド/伊藤なむあひ』/牛野小雪の愚者空間

      『物語の秩序』後夜祭/柚葉通信

      「東京死体ランド」が面白かった話/ペンと拳で闘う男の世迷言

      東京死体ランド/Honkure

      そしてなんと、『このセルフパブリッシングがすごい!2019年版』のランキングで、なんとこの作品が一位に選ばれました!

      このセルパブがすごい!2019年版



      なむあひさんのロングインタビューの他、弊社もコラムを掲載してもらっているのでぜひ読んでみてくださいね。上記リンクから無料でダウンロードできるはずです。

      さて、皆様本当にありがとうございました!では最後となりましたが、そんな『東京死体ランド』のAmazonページです。

      東京死体ランド


      この感想を読んで気になったという方はぜひ手にとってみてくださいね。

      それでは今夜もこの辺で。


      代表 伊藤潤一郎
      | 感想まとめ | 14:00 | comments(0) | - |
      『このセルフパブリッシングがすごい!』2019年版
      0
        こんばんは、弊社です。

        ここのところずいぶんと寒い日が続きますね。マフラーの存在を忘れていて今日久しぶりに巻いてみたらその暖かさに驚きました。文明。

        というわけで出ましたね、このセルこと『このセルフパブリッシングがすごい!2019年版』。

        Kindle版

        楽天kobo版

        BOOK☆WALKER版



        そしてなんと、このセルの投票にて2019年版のランキング1位になむあひさんの東京死体ランドが!

        投票して下さった方、読んで下さった方、本当にありがとうございます。まさかあんなニッチな作品が、といまだに信じられない気持ちです。

        本の前半でなむあひさん初のロングインタビューも掲載されているのでぜひ読んでみて下さいね。

        東京死体ランドAmazonページ


        ついでにこちらも
        『東京死体ランド』感想まとめ

        いやーしかし今回のこのセル、いつにも増して濃い内容だったんじゃないでしょうか。弊社もコラムを書かせてもらったのですが、公式ツイッターアカウントの「もしかして今回で最後かも」的な発言があったせいかコラムの熱量がすごかった気がします。

        いまのセルパブの一年の中で一番大きなお祭りなので、ぜひ今後も続けてほしいところですがとにかく編集長(藤崎ほつま氏)が大変そうで……。

        もし来年も出るなら、なにか手伝えることがあればお手伝いしたいところですね。あと、広告枠作るとかでマネタイズしたらどうかなーとか勝手に思っています。

        ともあれ、編集長の藤崎ほつまさん、そして表紙デザインの波野發作さん、キャラクターを描いた折羽ル子さん、お疲れ様でした!

        (来年も編集後記の「みゃは☆」が読めますように……)



        代表 伊藤潤一郎
        | その他 | 22:00 | comments(0) | - |
        2019明けましたね
        0
          というわけで2018年は多くの方にお世話になりました。本年もどうぞ、隙間社ならびに伊藤なむあひ、弍杏をどうぞよろしくお願いいたします。



          にあんせんせーからの年賀状です。喪中の方は薄目で見ておいてくださいね。

          というわけで、この絵からもわかるように今年はにあんせんせーがやる気を見せていますね。にあんせんせー、少し前まで7歳(公式発表)幼女だったんですが最近は中学校にあがりめっきり大人びてしまい、やや書くものも変わるのではないかと楽しみにしています。

          春くらいまでにはそれを書くんじゃないかと思っていて、推敲等諸々含めて秋ころには発表できるのではないかと思っています。

          えっ?隙間社の今年の抱負ですか?それはもちろん、インディー、商業問わず伊藤なむあひ、弍杏の名前を轟かせていまの本業を副業に押しやってやることですよね!ふはははは!

          ……

          というわけで元旦からお読みいただきありがとうございました。今年もハッピーな一年にしていきましょうね。


          代表 伊藤潤一郎
          | その他 | 12:50 | comments(0) | - |
          2018年総括
          0
            というわけでね、今年もまた総て括ると書いて総括させもらおうかと思ってるわけですよ。さっそく1月から振り返ってみましょうね。

            1月
            新年の挨拶を兼ねた記事で、新企画の発表をしていますね。のちのブルーティフルなんですが、この段階ではまだ色々と迷いが見えますね。

            2月
            隙間社Singlesを廃止しました。なむあひさんのリロとにあんせんせーの読む脳を隙間社Singlesとして99円で常時販売していましたが、もうびっくりするくらい効果がなかったのでやめましたね…新規の読者の入り口にしたかったのですが、なかなか難しいものです。

            3月
            にあんせんせーのたぶん全ての詩を網羅した詩集『もちろんしじんたちはみなもやされ』をリリース!またニッチな作品ですが、読んだ方からは好評をいただいております。


            あとなむあひさんが文藝賞に応募しましたね。結果は秋ころ。

            4月

            ついにアンソロジーのタイトルが発表されました。Brutal(暴力的な)+Bautiful(美しい)でBRuTiFuL!弊社が敬愛する叙情派ニュースクールバンドShai Huludのギタリストが自身のバンドの音楽性を表す際に好んで使っていた言葉です。

            5月
            創刊号から関わっていたSF誌オルタニアから正式に脱退しました。理由は、ほぼ季刊のオルタニアに在籍していると自分のペースで短編や長編が書けないという極個人的な理由です。ワガママながらも円満脱退となりました。オルタニアメンバーには感謝ですね。
            そして最後『オルタニアvol.5』で伊藤なむあひさんが『方舟事件は迷宮入り』という初のミステリにチャレンジしていますね。


            6月
            何をしていたんでしょうか。あまり記録に残っていませんね…?

            7月
            今年も7月に隙間社設立を祝わせてもらいました。もう3年も経つんですね。早いものです。10周年くらい経ったら盛大になにかパーティ的なやつをやりたいですね。
            あっ、そしてかねてより計画していたノージャンルアンソロジー『BRuTiFuL』の発売付きでもありましたね!寄稿してくださった方々の最高の原稿により弊社が考えていたよりも素晴らしい本に仕上がりました。オカワダアキナさん、佐川恭一さん、芥生夢子さん、大滝瓶太さん、あとなむあひさん、本当にありがとうございました!

            BRuTiFuL Amazonページ

            8月
            なむあひさんが、秋の群像新人賞に応募する原稿をせっせと書いていましたね。発表は春ころ。楽しみです。

            9月
            伊藤なむあひ最新長編(中編)、『東京死体ランド』発売!

            おかげさまで内容面、セールス面、共にいままでにない手応えを感じた作品となりました。せっかくなので感想まとめページ、貼っておきますね。
            『東京死体ランド感想まとめ』

            10月
            ちょっと休んでいましたね。そしてなむあひさんとにあんせんせーは11月発売の新作の執筆を、私はそれの編集作業を粛々と進めていました。

            11月
            『Mash Up! セルパブミックステープvol.1』発売!

            王木亡一朗さん、ヤマダマコトさん、隙間社(の作家2人)による、相互リミックス本ですね。2月頃からあたためていた企画で、これも良いメンバーに恵まれベストな形で送り出せたと思います。

            12月
            仕事に追われてこんな感じです!

            こうして振り返ってみると、今年もなかなか書いたり出したりしているなあといった感じです。偉い弊社。

            2019年もビシバシ出したり書いたりしていくのでまたよろしくお願いします!いまのところ予定としては、
            ・春頃、なむあひさん長編第2弾発売
            ・夏頃、にあんせんせー長編
            ・秋頃、夏頃長編第3弾発売
            ・冬頃、なにか企画もの?
            といった感じで集中して作品を送り出していけたらなと思っています。

            それでは今年もこのへんで。


            代表 伊藤潤一郎
            | その他 | 21:00 | comments(0) | - |