CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PR
RECOMMEND
天国崩壊 (隙間社電書)
天国崩壊 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひ新境地!地上に落ちた天使と人間が織りなす系のやつ!
RECOMMEND
灰は灰へ: Ashes to Ashes 伊達町サーガ (隙間社電書)
灰は灰へ: Ashes to Ashes 伊達町サーガ (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
北海道、伊達町で繰り広げられるサーガの序章!
RECOMMEND
おりーりー鳥は実在します? (隙間社電書)
おりーりー鳥は実在します? (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
ドット絵3部作の第2弾は、すこしふしぎなポップノヴェル!
RECOMMEND
東京死体ランド (隙間社電書)
東京死体ランド (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひ初の中編小説は、ちょっと奇妙でセンチメンタルなロードノヴェル!
RECOMMEND
BRuTiFuL
BRuTiFuL (JUGEMレビュー »)
隙間社
オカワダアキナ、佐川恭一、伊藤なむあひ、芥生夢子、大滝瓶太によるノージャンル文芸アンソロジー!
RECOMMEND
もちろん詩人たちは皆燃やされ (隙間社電書)
もちろん詩人たちは皆燃やされ (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
にあんせんせーによるこれまでの詩作の集大成!
RECOMMEND
隙間社全集1 (隙間社電書)
隙間社全集1 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)

隙間社のこれまでの作品を集めた全集の1巻
RECOMMEND
49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯: 隙間社Singles
49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯: 隙間社Singles (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
1年=1パラグラフで描かれるなむあひ氏の新境地ともいえる短編小説
RECOMMEND
星に(なって)願いを (隙間社電書)
星に(なって)願いを (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
ポスト幻想文学を標榜する著者による5つの作品からなる短編集
RECOMMEND
aneimo
aneimo (JUGEMレビュー »)

eb(野村日魚子)と伊藤なむあひによる架空の姉/妹をテーマにした歌集。
RECOMMEND
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書)
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
わなびな女の子と小説の神様が繰り広げる読書感想文的読書体験小説!
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
精神のなんとか祭り
0
    ついに開催されてしまいましたね。インターネット7大奇祭のひとつに数えられる、精神のなんとか祭り。

    精神のなんとか祭り

    このサイトを見れば分かる通り、精神のなんとかはローマ字にすると

    SEISHIN NO NANTOKA


    となり、ここから、たぬき、つまりTAを抜くと、

    SEISHI NO NNOK

    もうお分かりですね?この奇祭の起源はあの、『生死のんんOK』にまで遡ります。生死のんんOK、あの時代にインターネットをやっていた人ならほとんどの方が知っていると思います。小説家志望者78名、アニメ化希望者19名を出したといわれるあの忌まわしい事件を……。暗い話はやめておきましょう。ともかく、あの事件の末裔ともいえる人(人たち?)が九州のサイゼあたりで興したと言われているお祭りです。ここまで知ればあなたのやることはひとつ……ですよね?

    おっ、すっかり脱線してしまいましたが、弊社からもなむあひさんが『精神のなんとか』で参加していますよ。

    伊藤なむあひ『精神のなんとか』



    それではみなさま、精神のなんとか祭りの会場でお会いしましょう。

    追記:Nがいっこ勝手にどこかにいってしまったことに気がつきましたが放置することにしました。


    代表作 伊藤潤一郎
    | その他 | 12:00 | comments(0) | - |
    2020
    0
      2020、明けましたね。今年もよろしくお願いします、弊社です。

      いま、福袋の行列に並びながらこれを書いています。さて今年はですね、1月から3月くらい、春までこれまで積んできた多くの本をひたすら読む時間にあてようかと思っています。

      夏頃にはこれまで様々な場所で書いてきた掌編や短編を集めた作品集を出せたら良いなと。前回の短編集『星に(なって)願いを』からの間に結構書いていたんですね。なかなかのボリュームの本をお届けできる予定ですよ。

      秋にはひたすら書き、冬になにかしらの成果を発表できたらいいなと思っています。

      さて、そろそろレジが近づいてきたのでこの辺で。今年も隙間社をどうぞよろしくお願い致します。


      伊藤なむあひ『星に(なって)願いを』
      | その他 | 10:52 | comments(0) | - |
      2019年総括
      0
        ご無沙汰しております、弊社です。え!ていうか前回の更新から3ヶ月経ってる…天国崩壊の発売記事すら書けてないだと…???

        気を取り直して…。みなさま年末はいかがお過ごしでしょうか。弊社は相変わらず年末にかけて忙しくなっていく仕事と揉み合っております。

        で、さっそくですが2019年を総括しちゃおうかと。なんか少し前に2018年を総括した気がするんですけどね、不思議ですね。

        1月
        なんと、『このセルフパブリッシングがすごい!2019年版』のアンケートにて伊藤なむあひ『東京死体ランド』が一位を獲得しました!そして長いインタビューもさせてもらって、とても嬉しかったですね。無料なので読んでみてくださいね。他にもたくさんの面白い本が紹介されています。

        2月、3月
        そのなむあひさんが3月末締切の文学賞に向けて新作を書いていましたね。この辺りから、仕事の日(基本週5)の出勤前に少しと休憩時間を使って1日1000字、月産20000字が書いている時期のスタンダードになりました。日常のなかで安定して書くのは大事ですね。

        4月
        伊藤なむあひ『おりーりー鳥は実在します?』が発売されました。東京死体ランドに続くドット絵3部作の2作目ですね。死体ランドよりさらにリーダブルとユーモアを前面に押し出した作風になっていると思います。

        5月
        伊藤なむあひ『灰は灰へ 伊達町サーガ1』発売。めずらしい連続リリースでしたね。2作品を購入してくださった方全員に、限定生産の掌編集『伊達町EP』をプレゼントしていました。伊達町シリーズは長い年月をかけて続けていく予定ですのでお楽しみに。

        6月
        『灰は灰へ』ペーパーバック版を発売しました。Next Publishingというサービスを利用してPDFから作ったのですが、いやーなかなか苦戦しましたね。
        そして同作を、北海道のかの書店さんで委託販売もさせていただきました。かの書店さん、ありがとうございました。

        7月、8月
        あまり記録が残っていないので、おそらく書いていたのだと思います。あ!仕事がバタバタしていてあまり時間が取れなかったのを思い出しました。

        9月
        惑星と口笛ブックスさんが主催のブンゲイファイトクラブになむあひさんが参加しました。参加しましたというか、応募しました。

        10月、11月
        bfc予選通過作品が発表され、伊藤なむあひ『跳ぶ死』が無事本戦に進めることが決まりました。プレッシャーのなか2回戦作品を書いていたようですが、残念なことに1回戦Gグループにて敗退しました。とてもよい企画でしたね。2020年も行うようなのでまたチャレンジしましょう。

        12月
        伊藤なむあひ『天国崩壊』発売。ドット絵3部作のラストでありながら、全2作とは違うテイストを持ち込んだなむあひさんの新境地でしたね。
        第一期なむあひ=ホラー小説
        第二期なむあひ=幻想系短編
        第三期なむあひ=軽い読み味の中編
        そして次のステージを予感させる感じです。

        今年も一年、駆け抜けましたね。2020年は3月末までひたすらにこれまで積んだ本を読みながらアイデアを膨らませていき、半年掛けて12万字くらいの作品を作りたいですね。大まかな構想はできており、伊達町サーガの2nd作品となりそうです。こちらもどうぞ楽しみにお待ちくださいね。

        本は、なむあひさんの短編が結構な数たまってきたので春か夏にでも短編集をリリースできればと思っています。

        他にもサプライズ的な発表をできるといいですね。にあんせんせーは?元気です?
        本年も弊社をご愛顧いただきありがとうございました。2020年もどうぞよろしくお願いします。


        隙間社代表 伊藤潤一郎
        | その他 | 13:45 | comments(0) | - |
        無料キャンペーンはじめました!
        0
          こんばんは、弊社です。

          早速本題というか、表題の件です。

          ちょうど2年前に発売した伊藤なむあひ短編小説『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯』通称リロを9月24日16時から9月27日の15:59までの3日間、無料キャンペーンを行います!というかもうはじまっていますね。ツイッターでの告知からか既に2桁ダウンロードされています。ありがとうございます。

          さてこの作品、SF誌オルタニアのvol.2とvol.4に前後編で分けて寄稿したものなのですが、雑誌掲載時には反応が良かったもののシングルカットして発売したものに対してはほとんど反響もなく、弊社のなかでもなんとなく不遇の作品のような扱いでした。

          内容としては、1パラグラフを1年としてなむあひさん独自の浮遊感のある文体で描いた、リロという人物の生涯を記したものです。表紙もギュスターヴ・モローという大好きな画家の作品の中の著作権フリーのものを使わせてもらっていて、かなり素敵なものに仕上がっています。

          短編集に入れようと思ったこともあるのですが、作品の性質上他の短編と収録されるのを拒みいまに至るというわけです。未読の方はぜひこの機会にダウンロードしてみて下さいね。

          49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯





          では短いですが、今夜もこの辺で。


          代表 伊藤潤一郎
          | 隙間社刊行物 | 19:30 | comments(2) | - |
          最近の活動とこれから
          0
            おはようございます、弊社です。

            いやいや、最近ブログ書けてないなーと思ったら8月末に書いてました。最近時間の流れがおかしい弊社です。

            なんか最近新刊出せてないし活動してないと思われるのでは…?と焦ってブログを書こうと思ったわけですが、当ブログを遡ってみると今年だけでも

            4月…おりーりー鳥 発売
            5月…伊達町サーガ 発売
            5月…限定EP 発売

            と半年以内に3冊も出版していました。そしてなむあひさんの社外活動(?)も活発で、
            6月に原稿を書きあげ、チャかシズムさんに『Happily Ever After』という短編を寄稿。チャかシズムvol.6 身体と言語

            8月には今年11月文学フリマ東京にて発売予定の『実験小説アンソロジー』(メルキド出版)に収録される『燃えていない小屋』という短編を完成。

            同じく8月に、来年出版予定のアンソロジーに寄稿する短編を書き上げました。

            あっ、8月末には某文学新人賞に応募もしていましたね。8月すごい。

            いまは9月末締切の文学新人賞に向けて書いていますし、少し前には惑星と口笛ブックスさん主催のブンゲイファイトクラブ にも応募しました。これ、とても楽しみなイベントです。

            そうそう、2019年版でお世話になったこのセルフパブリッシングがすごい!さんも動きだしていますね。これにも投票したいしコラムも書きたい…こんなに色々できるんでしょうか。

            こうして並べると結構動いていましたね。ほんと最近は人生の短さ、時間のなさを痛感しています。生き急いでるくらいでちょうどいいなとか。

            そして最後に、2019年年末か2020年のあたまに伊藤なむあひ最新刊の発売を予定しています。タイトルはおそらく『天国崩壊』。ドット絵3部作のラストです。 動きだしたらまたポツポツ告知していくので、どうぞよろしくお願いします。

            とか考えているともう2020年の気分ですよ。来年はBRuTiFuLの二巻か出したいなーとか、アンソロ以外のイベントとかも企画したいなーとか色々あるんですが、本を読みたいですね…積みに積んでる本たちを読んで、ゆっくりと長編を書いて、どっしりした作品を刊行したいなあなんて思っています。あ、死にかけてるにあんせんせーはまたネット小説を連載したいとか寝言を言ってました。どうなることやら。

            以上、一泊二日の温泉旅行に行きたい弊社でした。


            代表 伊藤潤一郎
            | その他 | 07:45 | comments(0) | - |