CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
RECOMMEND
49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯: 隙間社Singles
49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯: 隙間社Singles (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
1年=1パラグラフで描かれるなむあひ氏の新境地ともいえる短編小説
RECOMMEND
星に(なって)願いを (隙間社電書)
星に(なって)願いを (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
ポスト幻想文学を標榜する著者による5つの作品からなる短編集
RECOMMEND
読む脳ぐると!: (隙間社Singles)
読む脳ぐると!: (隙間社Singles) (JUGEMレビュー »)
弍杏
弍杏せんせーによるラノベチックな短編集。ボーナストラック収録。
RECOMMEND
世界その他
世界その他 (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひによる初の歌集。64の歌を収録。
RECOMMEND
aneimo
aneimo (JUGEMレビュー »)

eb(野村日魚子)と伊藤なむあひによる架空の姉/妹をテーマにした歌集。
RECOMMEND
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書)
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
わなびな女の子と小説の神様が繰り広げる読書感想文的読書体験小説!
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
掌編『神聖なるそれの効用と、僕たち四人の結末』
0
    神聖なるそれは公園の隅、誰も使うことのない掃除用具が入っている物置の中で日に当たることなく置かれていた。

    その頃の僕たちといったらポパンに夢中で、休みの日は町中を駆けまわってポパンのもととなるそれを探していた。一番手に入りやすいのは浜辺で、行けばほぼ毎回それでバケツをいっぱいにすることができた。ただ、そこで手に入るのは潮風やらでしけっており質としては最低。おのずと他に良いものを見付けることができなかった場合だけ浜辺に行くようになった。

    次に手に入りやすいのはグラウンドで、僕たちは夜にどこかから例の破裂音がした場合はお互い知らせ合うようにしていた。遅くとも翌日の早朝、早ければその一時間後には集合し、地面に散らばったそれらを同じくバケツに集めていった。浜辺に比べて量は集まりにくかったが質はずいぶんとマシだった。

    もっとも集めるのが困難で、もっとも質が良いものはおもちゃ屋で手に入った。それはかなりのリスクを伴い、既に何人かの同級生が失敗し然るべき処置を受けていた。僕たちといえば、臆病と紙一重なくらいには慎重だったし、だからおもちゃ屋に行くことはこれまでなかった。

    夏休みは終わろうとしていた。八月の最後の日だった。宿題は三人で分担して終わらせたが自由研究ばかりはそうはいかず、そのことだけが僕たち三人を憂鬱にしていた。だから、それが必要だった。

    過去に僕たちは四人だったがいまは三人だけになっていた。僕たちはお互いの名前を知らなかったが、四人目の彼は神聖なるそれを飲むことで、というより飲み過ぎてしまったことで首から上が「ぽぱんっ」と破裂してしまったのでそれからというもの彼のあだ名(ついたときには彼は既に死んでいたが)はポパンになりいつの間にかそれを集めて飲み込む行為は『ポパン』と呼ばれることになった。

    ポパンは僕たちだけでなく近所の子供たちみんなを虜にしたし、大人たちはやっきになってポパンを取り締まろうとした。なにせポパンは危険を伴う。けれど僕たちを含む子供たちはみな、ポパンのスリルと儀式めいた魅力にに取り憑かれていた。

    僕でない僕たちのうちの一人が自動ドアを開け残った二人の僕たちもそれに続いた。自動音声が僕たちを歓迎した。目的の場所は店内に入ってすぐだった。ドラゴンだのなんだの大袈裟な名前が付けられ目に突き刺さるような色の花火たち。店主の老人はカウンターの向こう、椅子に座りなにやらパソコンにのめり込んでいるようだった。スパイダーソリティアをやっているのだろうという意見で一致し僕たちは頷いた。

    二番目に店内に入った僕たちのうちの一人は夏だというのにゆったりとしたジャンパーを羽織っていて、もちろんその中には多くの花火が吸い込まれていった。

    僕たちのなかの最後の一人、つまり僕は、僕たちよりも背の高い棚の隙間から店主がこちらの様子に気が付かないかを監視していた。スパイダーソリティアはうまくいっているようだった。

    ジャンパーの中はいっぱいになった。店主は顔がめり込みそうなくらい前のめりになっていた。スパイダーソリティアでなくマインスイーパーなのかもしれないと僕は思った。店主がマウスをぶん投げた。その音に驚いた僕たちは少しだけ体が跳ね、その表紙にジャンパーから花火がドサドサと音をたてて落下した。誰かが、逃げろ! と言う前に僕たちは出入り口に走った。万引き防止ミラーの向こうで店主がにやりと笑い、手にしたスイッチを押した。警報音が鳴る! 店内は赤く点滅し、僕たちは落としたポパンをかき集めることを諦め転がるように走った。実際に僕たちのうちの一人、最初に自動ドアを開けた奴が転んだ。手を差し伸べる暇はなかった。僕たちのうちの二人は出入り口から出てすぐ、鍵をかけずに立て掛けていた自転車に跨った。大きな音がした。振り返ると店の出入り口にはギロチンみたいな鉄の扉が降りていて、転んだ彼の人差し指、中指、薬指の先だけがかろうじてこの店から出ることができていた。

    僕たちは公園にいた。四人いた僕たちは二人になっていた。緊張からか尿意を催した僕はもう一人にそう伝え、ぬるぬると薄暗い(そしてなによりも消えることのないアンモニア臭!)トイレにて用を足していると懐かしい音がした。四人目の彼のことを思い出した。手を振るわせ水を払いながら戻ると彼のジャンパーの首から上は無くなっていた。

    ポパンはもう残っておらず、僕は薄汚れたバケツを水道ですすいでやると公園の隅にある物置にしまい直した。物置の床には少しだけ、たぶんいっとう質の悪いそれが落ちており僕はそれをためらうことなく口に入れ飲み込んだ。それは喉に辿り着く前に小さく破裂し、僕の鼻からは「ぽぱんっ」という間抜けな音が抜け、すぐあとに黒い煙がついてきた。

    神聖なるそれの効用と、僕たち四人の結末。それが僕の自由研究になった。スーパーのチラシの裏二枚で収まったことは高く評価され僕は一時的にちょっとしたクラスのヒーローになったが二学期が始まり三日もすると誰もそのことなど覚えていなかった。もちろん、僕自身も。

    教室の隅の掃除用具入れの上、くしゃくしゃに丸められた見覚えのないその古いチラシを見て、僕は近所のスーパーに向かった。丁寧に皺をのばしたそれを見せると、店員は露骨にめんどくさそうな顔でもうこの商品は安くないということを説明された。広告期間は終わったのだと。

    それでも僕は諦めず、この商品は確かにチラシに載り、この値段で買えるはずだということを強く主張したが、最終的にはそのスーパーをつまみ出され、やっぱり僕はあの公園に向かうしかなかった。

    物置はほんの少しだけ開いており、夕日がそこに吸い込まれ暗闇に変わっていた。神聖なるそれは僕のことを待っていたのかもしれないが、夏休みを過ぎたそれは、もう単なる粗悪な火薬の残りカスでしかなかった。
    | その他 | 16:00 | comments(0) | - |
    隙間社全集…?
    0
      こんばんは?弊社です。

      いやーほんと、気がつけば今年も残り2ヶ月きってますね。恐ろしいというかなんというか。

      弊社の副業であるお仕事が12月はものすごく忙しくなってしまうので、たぶん大きな活動ができるのは来年になってしまいそうです。とはいえ、空き時間を使ってやってみたいことができたのでちょっとそれについて書いてみようかと。

      …隙間社…全集…

      いえね、あまり大きな声じゃ言えませんが、全集を作ってみようかと…KindleUnlimitedがはじまったときにも、確か王木亡一朗さんあたりが同様のことを言っていたと思います。

      上下巻とかの完全版とかはよく見かけるし羨ましいとも思うのですが、弊社にはシリーズ物もなく合本的なものは作りにくい。そこで全集ですよ。

      伊藤なむあひ、弍杏それぞれでやるのも良いのですが、どうせなら隙間社全集として両著者の全集を作ってしまおうかと。それができるのは弊社の強みではないかと思います。

      とはいえまだこれからも本を出していくので、年単位で区切って全集1巻、2巻のように出していくつもりです。隙間社を始めたのが2017年の7月4日なので最初の年は少なく、それなら2017-2018を1巻にしようかと。

      発売予定は12月下旬。収録予定作品は以下の通りです。

      ・少女幻想譚(伊藤なむあひ)
      ・文中かっこ(弍杏)
      ・少年幻想譚(伊藤なむあひ)
      ・かみうた(弍杏)
      ・星ねが(伊藤なむあひ)
      ・脳ぐる(弍杏)
      ・リロ(伊藤なむあひ)

      +αでなんらかのおまけも収録するつもりですが、総額約1740円のものを、990円くらいで販売予定です。

      自社の作品に枚数が多いものがあまりないのでKU対策も少し意識していますが、どれから読んでいいの!?っていう隙間社ビギナーへの入門書としても利用してもらえたらいあなあと。

      なむあひさんの歌集については迷っていたのですがフォーマットが難しかったり権利的なものもあり収録しない予定です。

      この本とか、もっと多くの人に読んで欲しいんですけどね…!
      aneimo

      紙本も買えたりします
      BCCKS



      紙の本にしたらかなりの厚さになると思いますが、こういうことが気軽にできるのも電子書籍の面白さなのではないでしょうか。

      表紙はこらまでの表紙をモザイク模様みたいに並べるつもりですが、もしかしたらもうちょっとかっのよくするかもしれません。表紙のかっこよさに定評のある弊社!

      それでは今夜もこの辺で。



      代表 伊藤潤一郎
      | その他 | 15:30 | comments(0) | - |
      新刊『リロ』発売しました!
      0
        こんばんは、弊社です。

        今年度は結構リリースできていますね。とても嬉しいですね 。というわけで予定の10月1日より1日早く、新刊『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯』が発売されました!

        このTwitterでの宣伝に向かない長い名前の作品は、元々はSF誌オルタニアvol.2と4に前後編で掲載してもらい、そんなに長くない作品にもかかわらず半年以上かけて完結させたものです。

        既にオルタニアの方で読んで下さった方々から素晴らしい感想をいただいているので、まずはそれを紹介させていただきますね。

        かわせひろしさんのブログで
        かってに応援団
        因果律が壊れてて、ぽんぽんと発想が跳ぶタイプの作品/なぜか引き込まれる不思議な魅力/条理と不条理の間の微かな道筋を、絶妙なバランスで進んでいく感じ(ブログより引用)


        倉下忠憲さんのブログで
        Honkure
        それはもう圧倒的/異世界へのトリップというよりは、異次元へのトラップという感じ/意味は分からないなりに読まされてしまうような文体と世界観がそこにはある (ブログより引用)

        かわせさん、倉下さん、ありがとうございました!

        次にこの本の特徴をいくつか
        ・リロという主人公の生まれてから最期までを描いた
        ・1パラグラフ=1年で物語が進む
        ・表紙、なんとギュスターヴ・モローの絵を使用…!
        ・初のあとがきがある

        こんなところでしょうか。先のお二方のブログからの引用が素晴らしすぎて、それだけでもう満足してしまった感じですね。

        そして表紙です。元の絵が素晴らしすぎるのと、この絵に日本語を載せるのに躊躇してしまったので英語でタイトルを載せることにしました。


        この絵の著作権についての相談に乗ってくれ、タイトルの英訳をして下さった淡波亮作さん、ありがとうございました。

        そして最後になりましたがリロの販売ページはこちらになります。
        『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしき生涯』

        それでは皆さま、伊藤なむあひ氏の新境地、ぜひお楽しみ下さいね!



        代表 伊藤潤一郎
        | 隙間社刊行物 | 15:00 | comments(0) | - |
        近況報告
        0
          こんばんは、弊社です。

          7月4日の星ねがリリース後、あまり告知もできないまま時間が経ってしまいましたがそろそろ秋のリリースラッシュをご案内できそうです。

          順番にいくと、たぶんですが、

          10月中くらい?

          折羽ル子さんが編集長を務める『牛×モーテル』がテーマのエロ本(!?)に、なむひさんが『僕らの楽園(仮)』という小説を。
          著者初の18禁小説となっております。だいぶ冒険したようなので、これまでのなむあひさんファンの方も是非とも読んでみていただきたい作品です。
          もちろん、なむ節とでも言うべき奇妙な味は健在です。

          10月末か11月くらい?

          SF誌オルタニアvol.5にまたもなむあひさんが『方舟事件は迷宮入り』という小説を寄せています。
          こっちはこっちでミステリ風小説ということで、いったいどうしてしまったんでしょうか。
          ゲストもかなりの実力派の方が集まっているようで、こちらも楽しみな一冊ですね。

          10月中に?

          『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしい人生』という、オルタニアvol.2とvol.4で前後編で連載した作品を隙間社Singles第二弾としてリリースします。もちろん表紙はおなじみ隙間社装丁部でお送りします。
          この作品については既に雑誌を読んだ方からあつい感想をいただいていますので、リリースが近づいたらその紹介もさせていただきますね。

          セルパブとは別に、なむ、にあ、どちらかの著者は群像新人賞にも応募するようです。この発表は来年の夏頃になりますね。

          また、Twitterでもちらりと呟きましたが両著者による企画、文体練習2018(レーモンクノーのあれです)も少しづつ進めていきます。
          途中まではnoteかカクヨムにあげていくつもりですのでそれも楽しみにしていて下さいね。

          そんなこんなで色々と進めております弊社です。

          気が付けば今年も残り少なくなってきましたが、最後までどうぞお付き合い下さい。


          代表 伊藤潤一郎
          | その他 | 16:00 | comments(0) | - |
          お久し振りです
          0
            皆さまお元気ですか?
            弊社は元気です…。

            ちょっとびっくりしたんですが、前回のちゃんとした更新から約2ヶ月も経っていたんですね。

            隙間社設立2周年記念キャンペーン+『星に(なって)願いを』発売で燃え尽きていたとはいえ、その間、弊社は何をしていたんでしょうか…?いやいや、水面下で色々と動いていました。9月中旬あたりからはまた色々発表していきますよ。


            というわけで今後の隙間社関係の予定を以下に。
            ・『セルフパブリッシング夏の100冊2017』にインタビュアーとして参加(お相手はなんと、惑星と口笛ブックスで今話題の西崎憲さんです!)
            ・オルタニアvol.5になむあひさんの新作掲載。これはいま苦しみながら書いているようです。
            ・隙間社Singles第2弾『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしい人生』発売。オルタニアvol2と4に前後編で掲載した作品の単行本化です。
            ・なむあひさんの新作が掲載されたアンソロジー(紙)が秋の文学フリマ大阪で頒布予定。
            ・同じく秋頃、折羽ル子さん主催の牛×モーテルのアンソロジーにまたもなむあひさんの新作を掲載。
            ひとまずはこれくらいでしょうか。あっ、にあんせんせー…。
            ええと、その他としてはなむあひせんせーもしくはにあんせんせーの公募チャレンジと、その結果を春くらいにはお伝えできればと。

            本当に、最近はやりたいことばかりあるのに時間が足りない状態で非常にもどかしいです。人生は短いなとつくづく痛感していますね。ですが嘆いていても仕方がないのでひとつひとつそのときの全力でこなしていくしかありません。

            そうそう、なむあひさんが個人ブログをはじめたので興味のある方は覗いてみて下さいね。
            王様の耳はパンのミミ

            簡潔になってしまいましたが今日はこの辺で。


            代表 伊藤潤一郎
            | その他 | 14:00 | comments(0) | - |