CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
RECOMMEND
読む脳ぐると!: (隙間社Singles)
読む脳ぐると!: (隙間社Singles) (JUGEMレビュー »)
弍杏
弍杏せんせーによるラノベチックな短編集。ボーナストラック収録。
RECOMMEND
世界その他
世界その他 (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
伊藤なむあひによる初の歌集。64の歌を収録。
RECOMMEND
aneimo
aneimo (JUGEMレビュー »)

eb(野村日魚子)と伊藤なむあひによる架空の姉/妹をテーマにした歌集。
RECOMMEND
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書)
神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
わなびな女の子と小説の神様が繰り広げる読書感想文的読書体験小説!
RECOMMEND
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書)
文中の(  )にあてはまる文字を入れなさい (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
弍杏
隙間社電書第二弾
弍杏せんせーによるノンストップハイテンションノベル
RECOMMEND
少年幻想譚 (隙間社電書)
少年幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第三弾

伊藤なむあひによる、幻想と奇想と詩情が混じり合う短編集
RECOMMEND
少女幻想譚 (隙間社電書)
少女幻想譚 (隙間社電書) (JUGEMレビュー »)
伊藤なむあひ
隙間社電書第一弾
伊藤なむあひによる幻想的で実験的で、でもどこかポップな短編集
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
くまブ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

弊社日記

セルフ出版社、隙間社による日記。
KDPのことや作品紹介が中心です。
*隙間社は任意団体です*
お久し振りです
0
    皆さまお元気ですか?
    弊社は元気です…。

    ちょっとびっくりしたんですが、前回のちゃんとした更新から約2ヶ月も経っていたんですね。

    隙間社設立2周年記念キャンペーン+『星に(なって)願いを』発売で燃え尽きていたとはいえ、その間、弊社は何をしていたんでしょうか…?いやいや、水面下で色々と動いていました。9月中旬あたりからはまた色々発表していきますよ。


    というわけで今後の隙間社関係の予定を以下に。
    ・『セルフパブリッシング夏の100冊2017』にインタビュアーとして参加(お相手はなんと、惑星と口笛ブックスで今話題の西崎憲さんです!)
    ・オルタニアvol.5になむあひさんの新作掲載。これはいま苦しみながら書いているようです。
    ・隙間社Singles第2弾『49パラグラフにも及ぶリロの素晴らしい人生』発売。オルタニアvol2と4に前後編で掲載した作品の単行本化です。
    ・なむあひさんの新作が掲載されたアンソロジー(紙)が秋の文学フリマ大阪で頒布予定。
    ・同じく秋頃、折羽ル子さん主催の牛×モーテルのアンソロジーにまたもなむあひさんの新作を掲載。
    ひとまずはこれくらいでしょうか。あっ、にあんせんせー…。
    ええと、その他としてはなむあひせんせーもしくはにあんせんせーの公募チャレンジと、その結果を春くらいにはお伝えできればと。

    本当に、最近はやりたいことばかりあるのに時間が足りない状態で非常にもどかしいです。人生は短いなとつくづく痛感していますね。ですが嘆いていても仕方がないのでひとつひとつそのときの全力でこなしていくしかありません。

    そうそう、なむあひさんが個人ブログをはじめたので興味のある方は覗いてみて下さいね。
    王様の耳はパンのミミ

    簡潔になってしまいましたが今日はこの辺で。


    代表 伊藤潤一郎
    | その他 | 14:00 | comments(0) | - |
    『星に(なって)願いを』感想まとめ
    0
      こんばんは、弊社です。

      先日発売した伊藤なむあひ氏の短編集『星に(なって)願いを』にいただいた感想をまとめました。相変わらず万人受けはしないと思われる内容なのですが多くの方から感想をいただきました。皆様ありがとうございます!

      以下はTwitterでの感想です。













      次にAmazonでいただいた感想です。


      そして最後は取り上げて下さったブログで。

      倉下忠憲さま
      Honkure

      月狂四郎さま
      ペンと拳で闘う男の世迷言

      chuburuさま
      WORLD WHERE IT DISAPPEARS

      購入して、読んで下さっただけでもありがたいのに、更には本作について言及して下さりありがとうございました。これからも何か言いたくなる、伝えたくなる、そんなこころ動かされるような本を作り続けていきます!

      『星に(なって)願いを』Amazonページ



      代表 伊藤潤一郎
      | 感想まとめ | 20:00 | comments(0) | - |
      隙間社設立2周年記念セール第2弾
      0
        こんばんは、弊社です。

        7月10日をもちまして、隙間社の新刊『星に(なって)願いを』の99円セールが終了しました。応援してくれた皆様、ダウンロードして下さった皆様、まことにありがとうございました。一時的にとはいえSF・ホラー・ファンタジーカテゴリで商業作品に混じって5位、また同カテゴリ新着ランキングでは1位になることがでしました!


        そして隙間社設立2周年記念セール第2弾として、本日7月11日より17日の7日間は、弍杏せんせーの作品が99円セールとなります。こちらもどうぞ宜しくお願い致します!

        神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅

        ランディングページ


        文中の( )にあてはまる文字を入れなさい

        ランディングページ


        『かみうた』は先日から応募がはじまったプロジェクトBIG SHIPのHITノベル部門にも応募してみました。
        KDP作品が対象の賞で、映像化と賞金がありしかも既存の作品でもメタデータ(作品登録の設定に出てくるキーワード)にこの賞で定められたワードを入力するだけで応募になるので気になる方は是非上記リンクの応募要項を見てみて下さいね。

        それでは今夜もこの辺で。



        代表 伊藤潤一郎
        | 隙間社刊行物 | 19:00 | comments(0) | - |
        隙間社設立2周年!
        0
          おはようございます、弊社です。

          なんだか昨夜に盛り上がり過ぎて(自分が)、もうなんだか燃え尽きたような気分だったのですがよく考えたら今日こそが設立記念日でした。

          隙間社を名乗り、Twitterアカウントを作り多くの方と関わってきて、なんだかもう5年くらいこんなことをしている気分なんですがまだ2年なんですね。改めて、弊社と関わってくれた多くの方に感謝致します!

          さて、昨年も行いましたが今年も本日より約3週間、隙間社設立記念キャンペーンを行います。詳細は以下の通り。

          7月4日
          伊藤なむあひ新刊『星に(なって)』発売

          7月4日〜10日
          同作品99円セール(通常350円)

          7月11日〜17日
          弍杏『文中の( )にあてはまる文字を入れなさい』『神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅』99円セール

          7月18日〜24日
          伊藤なむあひ『少年幻想譚』『少女幻想譚』99円セール

          買いそびれている本がある方も、これから隙間社の作品を手にしようとしている方も、どうぞこの機会に!

          本日発売予定だった伊藤なむあひ『星に(なって)願いを』が昨晩ややフライングリリースとなり既に多くの方から反響をいただいております。




          なむあひさんの作品はコアで根強いファンが多く、今回の短編集もそんな方々を満足させられるできになっていると思います。美しい表紙絵はmaya!様の手によるもので、発売や数日前まで表紙が決まっていなかったところ本当に偶然に見つけたイラストサイトで出会いました。maya!さまこの場を借りて改めて、最高の絵をありがとうございます。

          『星に()なって願いを』


          願い、をテーマに据えた5つの作品を収録した短編集です。どうぞ宜しくお願い致します。

          さて、最後になりましたがこれからも隙間社は設立の動機に違わず『これまでになかった小説』を世界に送り続けていくつもりです。皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します!


          代表 伊藤潤一郎
          | KDP参入レポ | 07:00 | comments(0) | - |
          小冊子を作りました
          0
            こんばんは、弊社です。

            今夜はまあタイトルそのまんまなんですが、セブンイレブンのマルチコピー機で小冊子を作ったよ!というお話です。

            文学フリマ等の文芸イベントには何度か遊びに行ったり同人誌に寄稿させてもらったりはしていたものの、こういった紙本を自分で作るというのは初めてで思ったよりも苦戦しましたね…みんなすごい。

            さて、どうしてそんなことをしたのかというと明後日の夜の「オルタニアフライデー2」イベントです。SF誌『オルタニア』のメンバーと読者の交流イベントのようなものなのですが、そこでメンバーに各10分程度の持ち時間で何かしらのプレゼンが行われるのです。

            『オルタニア』には隙間社として私が創刊号の編集長を務め、なむあひさんがレギュラーメンバーとして参加しており今回は私が登壇することになりました。ちなみに第一回は仕事の都合がつかず二次会からの参加となりましたが、今回はフルで参加予定です。

            私はリアルタイムで話すのが苦手でどうしようかと結構前から悩んでいました。Twitterのアンケートにも手を出し、こんな結果になったり。


            自分で項目を作っておいてなんなんですが、『制作秘話、裏話』ってなんだろうなんて思いながら、せめて隙間社のことを知らない人でも楽しめるような、そして知って好きになってくれるような時間にしたいなと思い、小冊子を作ってみることにしました。

            というわけで今日はセブイレブンのマルチコピー機でできる小冊子の作り方をさらっと紹介です。

            1.まず原稿を用意します
            今回は少し前にKindleで無料ダウンロードキャンペーンを行った『ものがたりのにおい』という短編小説を小冊子にすることにしました。マルチコピー機の説明によるとPDFかJPGで入稿できるようなので、wordの原稿をPDF化することにしました。


            2.組版を行う
            これが思ったより大変でした。漫画と違い一枚の絵があるわけでないので、文字はあっても当然フォントサイズや行間によって読みやすさが変わってきます。wordからPDFにする際に外側の余白が結構できてしまうので、wordでの余白設定は少なめにし、フォントをいつもより大きくし、手元にある出版社から出ている紙本を参考にしながらデザインを整えていきました。ちなみに今回は18行固定にしてフォントサイズを14pt、余白はwordの設定で選べる『やや狭い』にしてみました。どうでしょうか。


            3.表紙を作る
            表紙は別で作って印刷した方が余白とかも含めうまくいくようなのですが、なんせ初めてなので少しでも手間を省こうとこれもwordでまとめることにしました。弊社の場合はまず無料ソフトであるFireAlpacaを起動し、すらすらーっと描きます。

            で、これをwordの頭に貼り付けます。裏表紙はおしりに貼り付けます。サイズをぐいぐい変えてそれっぽくしたら完成です。それをPDF化すればひとつのファイルで分かりやすいです。USBメモリに保存しましょう。

            4.セブイレブンに行く
            お近くのセブイレブンに向かいます。最近では白玉と生クリームとわらび餅とあんこのパフェみたいのが売っているので気を付けましょう。ちなみに弊社は買いました。マルチコピー機を見付けたら周りに知人友人がいないか確認します。いたら日を改めましょう。また、冊数とページ数にもよりますがけっこ時間がかかるので人が少ないときの方がやりやすいと思います。あと小銭しか使えないので両替も忘れずに。

            5.印刷してみる
            もってきたUSBメモリを取り出しいよいよ印刷です。セブン公式のこのへんのページを参考にしてみて下さい。カラーにするとやや高いですが、表紙だけカラーにもできそれだとお安く済ませられます。縦書きの本なら右綴じになるのも注意。一番小さいB5サイズを選ぶと、完成した本(二つ折りにするので)その半分、ちょっと横幅のある新書サイズになります。あ、製本は自分でやることになるので自信のない方はwordの時点でページ数を入れておくと失敗が減るかもしれませんね。

            6.持ち帰って製本してみる
            いよいよ製本です。予想はしていたものの、このやり方だと表紙の余白が目立ちます。もっとうまいやり方はあるでしょうが、このやり方で余白を目立たなくするなら背景を白にすればなんとなくごまかせるなって思いました。順番に折って重ねていき、本当はステープラーという道具があれば折り目に重ねて綴じられるのですが、今回は簡易版なのでホチキスで二箇所とめます。余白のおかげで本文を邪魔しません。

            そしてひとつ注意点が。紙一枚のなかに左右と裏表で4ページ分印刷されます。なのでPDFデータにするなら4の倍数にしておかないと、最後に変な余白ページができることになります(弊社の場合は最後に2ページあまり、裏表紙が機能していません…)

            また、遊び紙の分空白ページを作ったりするとさらに読みやすい本になります。
            PDFデータなら
            1枚目…表紙
            2枚目…空白ページ
            3枚目…題字
            4枚目…ここから本文
            とかにすると本っぽくなります。
            あとはせっかくなので裏表紙にQRコードを印刷しておけばよかったなというのが反省点です。QRコードは検索すればすぐ変換サイトが見つかり、URLを入れてボタン一つでQRコードの画像が手に入ります。

            で、完成したのがこちら。

            20冊作りました。一冊は自分用で、プレゼン用のメモを書いておきます。製本作業は音楽を聴きながらネットをちょいちょい見たりして40分くらいかかりました。真面目にやれば20分くらいでできそうです。

            あとは気になるお値段ですね。これはどのサイズも同じで、弊社の場合は表紙裏表紙合わせて26ページ分の原稿で、一冊130円でした。単純にページ数×5円くらいでしょうか。セブンさんのサイトでも料金シミュレーションができますのでそちらもぜひ。

            さて、たまにはちょっと役に立ちそうなブログでしたね。それではこのへんで。そうそう、オルタニアフライデーに参加される皆さまは、また明後日にお会いしましょう。


            代表 伊藤潤一郎
            | その他 | 19:30 | comments(0) | - |